製薬会社 薬剤師 募集

製薬会社の薬剤師募集にはこんなのがある!製薬会社の求人サイトランキング

製薬会社の薬剤師募集情報を見たことがありますか?製薬会社といっても、「研究部門」「開発部門」「営業部門」「技術部門」「管理部門」に部門が分かれており、転職難易度が違いますので、働きたい部門に強い転職サイトを利用することをおすすめします。

目次開く

製薬会社へ転職したい薬剤師の悩みとして多いのが薬局からの転職は可能なのかという点です。

薬局と製薬会社では同じ薬剤師としても業務内容は大きく変わってくるので、どんなに薬局で経験を積んでいても製薬会社へ転職をしたら1からのスタートとなります。

ですが、心配することはありません。薬局で薬剤師としての経験を積んでから製薬会社への転職を行う薬剤師は多くいます。

このページでは、薬剤師の製薬会社への転職の悩みや、製薬会社の募集の探し方などを紹介していきます。


薬剤師が製薬会社で働くなら、この職種を狙うべし!

薬剤師が製薬会社で働くには

薬剤師全体の15%の人たちが企業で働いています。企業で働く薬剤師は珍しい例ではありません。ただ製薬会社は部門が多く、入職しやすい部署とそうでない部署があります。比較的狙いやすい職種は何でしょうか?


製薬会社への転職で、薬剤師が有利になれる職種

製薬会社には様々な部門があります。大きくわけてみると「研究部門」「開発部門」「営業部門」「技術部門」「管理部門」に分かれます。このうち薬剤師は研究・開発・営業、それから管理部門で活躍しています。

とくに重要なのは研究部門ですが、新薬開発の最先端は一部のエリート薬剤師の独壇場で、簡単にすべり込むのが難しいのが実状です。画期的な新薬の開発につながる貴重な発見ができれば、製薬会社にとって大きな財産となりますので、各社とくに力をいれています。

では新薬開発には一部のエリート薬剤師しか関われないのでしょうか?そんなことはありません。製薬会社のなかには、治験実施計画書にもとづいた治験がスムーズに行われているかを監視する仕事や、医療機関と契約を結び、治験を実施していく治験の実行部隊が存在します。

それら実務部隊で薬剤師として働くことは不可能ではありません。医療機関ほどの求人母数は望めませんが、研究部門よりも新薬開発の治験分野であれば入職できる可能性は高くなります。


新薬開発の分野以外で薬剤師として製薬会社で働くには

新薬開発の治験分野以外にも、製薬会社で働く方法はないのでしょうか?営業部門のMR(医療情報担当者)として働く方法があります。成績のいいMRは30代にしてすでに年収1000万円という実例もあります。実力次第で高報酬が見込めるのが大きな魅力です。

ただしこのMR、薬剤師の資格が必ずしも必要ではなく、理系・文系の大学生も入職しています。ただ薬学の知識をもつ薬剤師は、やはり一般の方よりも有利ですので転職に関してもしやすいと言えますし、優遇もされやすくなっています。


管理薬剤師として製薬会社で働く道もある

製薬会社では「管理薬剤師」と呼ばれる専門職を、製造部門にかならず配置しなければなりません。法律で義務づけられているため、どのような製薬会社であれ「管理薬剤師」は必要です。この管理薬剤師は薬剤師の資格をもつ人のみの仕事ですので、薬剤師にとってはとても有利な仕事です。

製薬会社では、学術・DIと呼ばれる、薬に関する情報を収集・分析し、文章としてまとめる仕事などもあります。ほかにも製造部門の在庫管理の仕事もあります。薬剤師の資格が必須ではありませんが、やはり薬に関わる仕事ですから、薬剤師が有利であることに変わりありません。


製薬会社の薬剤師募集ランキング

【1位】 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師  http://pharma.mynavi.jp/

年間利用者数200万人以上と薬剤師の転職と言ったら『マイナビ薬剤師』です。製薬会社の求人数も豊富にあるので、企業転職をしたい薬剤師におすすめです。


会社名株式会社 マイナビ
電話対応時間平日9:30~20:30 土曜9:30~17:30
登録番号13-ユ-080554
公式サイトhttp://pharma.mynavi.jp/
求人件数約41,400件(平成28年6月時点)
非公開求人あり

求人内容を見てみる


【2位】 薬剤師ではたらこ

薬剤師ではたらこ  https://yakuzaishi.iryo-de-hatarako.net/

薬剤師ではたらこは幅広い求人を扱っています。大手企業の非公開求人もありますので、製薬会社への転職紹介実績も豊富です。


会社名ディップ株式会社
電話対応時間平日10:00~21:00(水 19:00まで)
登録番号13-ユ-303788
公式サイトhttps://yakuzaishi.iryo-de-hatarako.net/
求人件数約58,500 件(平成28年6月時点)
非公開求人あり

求人内容を見てみる


【3位】 薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリ(エムスリーキャリア)  http://pcareer.m3.com/

即日求人紹介に定評があり、「待たせないサービス」で人気の薬キャリ。サポート体制がしっかりしており、知りたい薬剤師求人を迅速に紹介してくれます。


会社名エムスリーキャリア株式会社
電話対応時間平日9:30~20:00 土曜9:30~19:00
登録番号13-ユー304437
公式サイトhttp://pcareer.m3.com/
求人件数約43,200 件(平成28年6月時点)
非公開求人

求人内容を見てみる



製薬会社で働く「管理薬剤師」って、どうしたらなれるの?

管理薬剤師として製薬会社で働くのはどうしたらいいの?

製薬会社には「管理薬剤師」を置くことが薬事法で定められています。
薬を保管している場所には、必ず管理薬剤師を置く必要があるので、薬局やドラッグストアにもこの管理薬剤師が常駐しています。
管理薬剤師は医薬品管理責任者となる、とても重要な仕事です。


管理薬剤師になるには、キャリアと責任感が必要

「管理薬剤師」と聞くと、薬剤師になったうえからさらに特別な講習を受け、管理薬剤師の資格を取得するようなイメージがありますが、実際は特別な資格は必要ありません。薬剤師資格さえあれば誰でもなれるものなのです。新人薬剤師でも管理薬剤師になることは可能で、違法でもありません。ただ実態としては薬剤師としての3~5年ほど経験を積んだ人が、管理薬剤師として働いています

では製薬外会社の管理薬剤師はどんな仕事をしているのでしょうか?製薬会社によってその仕事のないようはさまざまで「必ずこれだけの仕事」と決まっていません。製造工場のラインで製品の品質をチェックし、品質に問題があれば製品を出荷しないなどの判断をくだすこともあります。

また顧客から製品の品質に関する問い合わせに応じたり、副作用の情報があがってくれば関係官庁に報告する責任があります。「なあなあ」でできる仕事ではありません。新人薬剤師では荷が重い仕事です。


製薬会社の管理部門で働く薬剤師とは

製薬会社に管理部門の薬剤師として入職し、最終的に管理薬剤師になろうと思えば、まずは品質チェックの仕事や書類作成の補助、状況によっては事務所にいる同僚へのお茶出しや電話応対といった「雑用係」から始まります。

年収も最初は400万円程度で、ドラッグストアなどで働く方が年収も割高です。「製薬会社では未来が暗い」と考えてしまうかもしれませんが、製薬会社は福利厚生がしっかりしており定期昇給もあります。長く勤務すると高給与になります。

管理薬剤師は実際の業務にくわえて、職場にいる部下やスタッフをまとめる能力が必要です。「管理薬剤師」は製造部門における一番の責任者です。工場長よりも強い権限を持ちます。

製品の出荷を止める力があるのですから。そのためリーダーシップ力はもちろん、部下からの人望も必要です。また薬に対する知識や勉強も必要であるため、新人薬剤師がその職務をまっとうすることは不可能です。

「管理薬剤師になりたい」と言っても、その道のりは平たんではありません。最初は見習の立場から入職し、コツコツとキャリアを重ねていく必要があります。


製薬会社の薬剤師の年収は高い?低い?実態は?

製薬会社の薬剤師って年収安いって本当?

製薬会社で働く薬剤師の年収は相場よりも高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?一般的に製薬会社の年収は、入社当時は低くても少しずつ高くなる傾向があります。ただ職種により、年収にも差がついてしまいます。


製薬会社は長く続けるほど有利

製薬会社にMRやCRC、管理薬剤師のサポート役として入社しても、最初から1000万円を超える年収はとても望めません。当初は低めの年収から始まるのは当然で「調剤薬局やドラッグストアで働く方が給与がいい」という現象が起きます。

ただ長く働き続けるうちにドラッグストアでの年収は頭打ちになりますが、製薬会社の場合ベースアップがあり、さらに成果報酬が加算されて年収1000万円超えも夢ではありません。長い目で見ると差がついてしまいます。


製薬会社の研究・開発職は狭き門

製薬会社の研究・開発部門は、その会社の最重要部門です。とくに研究部門は、薬剤師の中でもごく一握りのエリートだけが採用される世界。一流会社ほどその傾向があります。では製薬会社の研究職にはなれないのでしょうか?


製薬会社の研究職になるのは至難の業

ある有名な製薬会社が研究職の求人を出しています。その内容を見てみると、普通の薬剤師では応募資格を満たせないことがわかります。「とりあえず、薬剤師の資格をもっていれば誰でも採用試験が受けられます」という状況ではありません。

単に大学卒だけではダメで、大学院の博士課程や修士課程を卒業・修了する方のみが採用試験にエントリーできます。また採用試験には大学院での研究概要なども提出する必要があります。


製薬会社で働くなら、MR(医療情報担当者)が断然有利?

製薬会社では、実にさまざまな方が働いています。薬剤師の資格をもたない方も多数活躍しているのが特徴です。その中でも比較的採用される人数が多く、さらに年収面でも期待できるのがMR(医療情報担当者)です。一体、どのような仕事をするのでしょうか?


MRは自社製品を「育てる」仕事

MR(医療情報担当者)の仕事、というと「自社製品を売り込む営業職」というイメージが湧いてきます。けれどもMRは医薬品の価格交渉はせず、純粋に自社製品に関する情報を医療機関に提供し、製品に関する副作用などのデータを収集する仕事です。

価格交渉はMS(Marketing Specialist)と呼ばれる専門職の方が行います。営業と聞くと接待ゴルフなどの接待を連想してしまいますが、そのような派手は行為で薬を売り込む方法は控えられています。


製薬会社での学術・DI業務ってどんな仕事?需要は?

製薬会社には、学術・DI業務をおこなう部署もあります。MR職や研究職にくらべると年収としては低くなってしまうのですが、その分ハードさがないので、お子さんを育てながら働く女性やプライベートを大事にしたい方にはお勧めの職場です。


学術・DIには語学力が必要

MRの支援や、医療品関係の情報を収集して分析する仕事、医師や看護師への学術情報を提供すること、そして顧客からの問い合わせに応対することが主な仕事です。勤務する製薬会社によって仕事の内容に違いがでてきます。

この学術・DI関連の業務は、薬剤師でなくても可能なため、MR同様に薬剤師以外の方も多数活躍されています。ライバルが多い、ということになりますので、薬剤師に加えて「あなただけの強み」が必要です。


製薬会社で働くのに向いている薬剤師はどんなタイプ?

薬剤師と言っても、外交的でアクティブな方、あまり人とおつき合いするのが好きではなく、研究や勉強が好きな方とさまざま。製薬会社で働く薬剤師はどのようなタイプが向いているのでしょうか?気になります。


製薬会社に向いている薬剤師はズバリ「几帳面で気配りできる人」

調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師は、多くの顧客と日々接しています。そのため薬の知識がしっかりしていることに加え、人とおつき合いすることに抵抗がなく会話を楽しみ、人との触れ合いの中から自分を高めていける人が向いています。

ところが製薬会社では直接ユーザーとの接触がありません。そのため多くの人とおつき合いする必要がないので、内向的な方でもストレスなく仕事ができます。逆に人と触れ合うのが好きな方は、製薬会社はストレスを感じる可能性が高いと考えられます。


自分に合う製薬会社を紹介してくれる『マイナビ薬剤師』

マイナビ薬剤師は、豊富な求人数と経験豊かな転職コンサルタントが在籍している薬剤師専門の紹介会社です。薬剤師1人1人に寄り添ったサービスを提供してくれ、希望に合わせた製薬会社の紹介を行ってくれます。 ⇒ マイナビ薬剤師で製薬会社の募集を調べる


外資系製薬会社に転職したいなら

企業のグローバル化にともない、日本にも外資系製薬会社が一気に増えました。純国産の製薬会社をしのぐ勢いです。そのため「いい求人がでているな」と思ったら外資系だったということも。外資系製薬会社への転職はむずかしいのでしょうか?


外資系製薬会社、鍵はやはり語学力

外資系製薬会社は、当然のことですが本社が海外にあります。アメリカに本社があれば当然英語で本社の方々と会話しなければなりません。最近はインターネットを使って会議ができるシステムが普及しました。

その場でも英語での会議になります。また本社がドイツにあればドイツ語、フランスであればフランス語の語学力が必要となります。英語は必須です。